夢の第13R ~君とまた競馬がしたい~

Twitterで知り合った、愛すべき競馬バカたちが好き勝手に何かを書いていくブログです。参加者はみんな「読んでくれる方が楽しんでもらえたら嬉しい」その一心でやらせてもらってます。少しでも楽しかったなぁと思ってもらえたら幸いです。 author:和歌36@waka36saburohum、プリン大魔王@purindaimaooo、おみ@omi_keiba7752、まさ@yoshippara3、ともぴと@nikochin1mg

2019年5月12日(日)は、東京でヴィクトリアM(GⅠ)、佐賀で佐賀スプリングカップ!

逆神

完全に逆神になってるなぁと自負している僕であります。

京都ハイジャンプでは「楽勝やろなぁ」と思っていたタマモプラネットが4コーナーを過ぎたところで捕まり4着、紐のパッシングブリーズは落馬ではなく故障発生。京王杯スプリングカップの本命スターオブペルシャは直線手綱を引いているうちにブービーの14着、紐の6枠2頭は11着、12着とぜーんぶ二桁着順。全く、どうしようもない外し方をしていますなぁ。

 

それでも、僕が逆神として役立つならOK!中途半端に当たってしまって、「どっちやねん!」になるのが怖い。中途半端が一番、情報として使いづらいですからね…。

 

ところで、今回のヴィクトリアマイルで僕、自信あるんですよ…信じるも信じないもアナタ次第…(といって惑わせてみる)。

 

 

 

東京11R ヴィクトリアマイル(GⅠ)

f:id:waka36saburoh:20190512001619p:plain

本命は⑪アエロリットです。今回は特に、競馬の格言「多頭数は前」が効きそうに思います。強力な差し馬もチラホラ見かけられますが、直線では進路取りでごちゃついて捌きが難しそう。安田記念毎日王冠を含めた東京実績が3-2-0-1ならば、ここはしっかり馬券内を確保してくると思います。とか言いつつ、こういうときのノリさんって人気を裏切って飄々としてたりするので、怖いところはありますが…。休み明けでもきっちりと結果を出してきた馬という部分を信じることにします。

相手には⑬サトノワルキューレと、⑭レッツゴードンキを。サトノワルキューレは前走の阪神牝馬ステークスで最速の追い込みで勝ち馬と0.3秒差の8着。初のマイルでこれならば、むしろマイル適性があるのではないかと思います。今回の人気は着順だけで判断されて不当に人気がないと思いますので狙います。レッツゴードンキは7歳になっても牡馬混合で1秒差以内に収める堅実派。確かにヴィクトリアマイルでは結果が出ていませんが、ここ3年で10着、11着、6着。昨年は勝ち馬ジュールポレールから0.4秒差なら決して東京マイルに適性がないとは言い切れないと思います。今回人気落ちで単勝12番人気の今こそ逆襲を期待します。

個人的には④ノームコアがいつか大仕事をやってのけると思って応援し続けているので、今回切るのは大変忍びないのですが、ワイド2点以内を守るために切ります。でも、勝つことがあれば、馬券は別にして大変喜びます。なのでレーン騎手を応援しつつも、馬券はワイド⑪-⑬⑭の2点を買うことにします。

 

佐賀11R 佐賀スプリングカップ

B級までしか結果を出していない馬が半数いる中でなら、②グレイトパールがどんな状態でも勝ち負けではないでしょうか。ただ、こうなると、離された2着3着のワイドを狙ってみたくなるのがワイド馬券師の性。狙っていきたいと思います。ワイド馬券師じゃないけど。

⑥トッケンドーナからいきます。前走惨敗した1800mと同距離ではありますが、距離が問題ではなく、前走は超スローの展開で、しかも先行集団が動き出しているときにまだ手綱を抑えていましたから騎手がミスをしたと言って良いレベルかと。しかし、今回はグレートパールが前を掃除しますから、前で楽をしたときに好結果を出していた馬は、今回やられてしまうのではないかと思います。そこを、離された後ろからちょい差しでも決まれば3着あるのではないかと思う次第です。

時計だけならオープン馬と遜色なく、山口勲騎手騎乗の①マイメン、佐賀に来てからミスターほぼパーフェクトな⑧スーパーノヴァを相手にして、ワイド⑥-①⑧にしますが、なーんか「ボックスにしといたらよかった~!!!」ってなりそうで怖いですねえ。

 

 

 

今週は

なんとなく、いつもやっていない競馬場をやってみたくなりました。

月曜日は帯広、火曜日は名古屋、そして水曜日から金曜日まではいつも通り園田でいこうと思います。ただ、最近、園田の馬券収支がめちゃくちゃ悪いですからね…。今週もダメなら来週は気分転換に平日5日間全て大井なんてこともしちゃうかも…。ま、それもこれもそのたん次第ですね。

 

それでは今週も、お互いに競馬をたっぷり楽しんでいきましょうね!

 

ほなまた。