夢の第13R ~君とまた競馬がしたい~

Twitterで知り合った、愛すべき競馬バカたちが好き勝手に何かを書いていくブログです。参加者はみんな「読んでくれる方が楽しんでもらえたら嬉しい」その一心でやらせてもらってます。少しでも楽しかったなぁと思ってもらえたら幸いです。 author:和歌36@waka36saburohum、プリン大魔王@purindaimaooo、おみ@omi_keiba7752、まさ@yoshippara3、ともぴと@nikochin1mg

2019年6月30日(日)のプチ慶次郎チャレンジまとめ 前半戦

流し満貫
突然ですが、麻雀役の一つである、流し満貫をご存知でしょうか?
f:id:waka36saburoh:20190630172200p:plain



他のプレイヤーに気付かれることなく、触れられることもなく、ゲームの始まりから終わりまで「1と書かれた牌」「9と書かれた牌」「字が書かれた牌」「真っ白な牌」だけを淡々と捨てていき、誰もアガリになることなくゲームを終えることにより、「おまえさん、運が悪すぎて逆に運がいいからポイントあげるわwww」的なものを流し満貫といいます。


今日のプチケチャは、ある男の、流し満貫への挑戦記録であることをまずは記した上で結果を紹介しましょう。




2019年6月30日(日)のプチ慶次郎チャレンジ
朝から渋った馬場で的中が難しそうな1日となりました。


朝イチは落ち着いたスタート。
ほぼ全員が何かしらの的中をし、確実にゲートを出ました。


動いたのは2レースから。
f:id:waka36saburoh:20190630151431p:plain

サンリヴァルさんとともぴーが福島2R⑫ゴールドアックス(13頭立て単勝6番人気・▲木幡育)複勝550円をゲットで大きくリード。
さすが前日優勝者、そしてともぴーである。


今日、初めてのそれ4もここから。
中京2R⑭ピノクル(16頭立て単勝2番人気・△西村淳)
ここは展開のアヤもあったかな、と。でも、乗り代わりがあったら突然勝ち切るタイプかも。
この馬は見る人によって「勝ち切れない」「すぐ勝てる」に分かれそう。
僕は記憶の片隅に残す程度にしておきたいと思います。

それより、2着に入った⑨マーニこそ、次走買いたいです。
直線で⑮アルディテッツァに邪魔されなければ、今回勝っていたのはこの馬かと。
次走も和田騎手で、もう一度中京に出てくれば頭で買います。




f:id:waka36saburoh:20190630153822p:plain

中京3Rでは、またもともぴーが③イルフェソレイユ(15頭立て7番人気・藤懸)複勝400円の好配当ゲット!
逃げ粘りを期待して、思い通りにいった感じですかね。お見事。


それ4も中京3R。④イルマタル(15頭立て6番人気・酒井学)
軽い馬場が合うタイプのようですね。しかし、脚質が災いして勝ち切れない様子。
僕個人としては、京都の不良馬場で(岡田)ヨシツグチャレンジをしたいタイプ。
速い展開になっての狙い・・・でしょうかね。




4レースのそれ4は、福島での③リゼ(16頭立て1番人気・三浦)
f:id:waka36saburoh:20190630173307p:plain

次走もう一度買います。この馬はレースを使われないと前に行けないタイプなのか、あまり足抜きのいい馬場だと時計が速くなってダメなのかのどちらかだと思いますが、次はそのどちらともが好条件になれば一変あっても良いかと。
今回くらいの人気でも十分取り返せるので、楽しみに次走を待ちます。




5レースでもそれ3でした。今回は連続して出現しますね。
f:id:waka36saburoh:20190630173408p:plain

函館5Rは6頭立ての新馬戦。2着の③フランジヴェントは芝1200m、函館の直線などを考えるとよく追い込んできましたね。次も人気でしょうが逆らえないような気がします。
そして、それ3の④カミーノ。最後、鞍上の岩田康騎手は追ってなかったような気も・・・。追ってても着順は変わらなかったかもしれませんが、ちょっとモヤっとしました。




6レースでは、大量のそれ4が。
f:id:waka36saburoh:20190630174523p:plain

福島6R⑪ブラックトマホーク(16頭立て1番人気・三浦)
この馬は走り方からして良馬場専用っぽいですね。能力はあっても不良馬場が堪えた、そんな感じではないでしょうか。
で、血統を無視すると、気性次第では中距離をマイペースで走るのが合うタイプかもしれません。
はっきりした逃げ馬がいない芝2000mで逃げてそのままなんてこともあると思って、記憶に残しておきます。


そういや、同じ福島6Rで3着に入った⑧ヨネンサンクミが少し話題になってましたが、馬主さんは園田ではお馴染みの、イチネンイチクミ、イチネンサンクミ、ニネンイチクミなどを所有する藤本彰氏ですね。
なお、このイチネンとかニネンとかは、藤本氏が馬主になられてから馬を走らせて何年目かを表しています。
イチネンイチクミが最初の馬で、今年の2歳が馬主になられて4年目のシーズンということですね。
サンネンで始まる馬がいないのは、きっと3年目に走らせた馬がいなかったからでしょう。
イチクミとかサンクミとかの理由は存じません。イチネンイチクミは、最初の馬だから初心を忘れないためにというのは何かで見た気はしますが・・・。
テイエムの竹園氏や、テソーロの了徳寺氏のように、安い馬から走る馬を見つけようとするタイプ(と、勝手に僕が思っているだけかもですが)の馬主さんなので、これからもジュウネン、ニジュウネンを目指して長く馬主を続けられて、我々ファンを楽しませて頂ければと思います。
(いつかまた園田でも走らせてくださいねー)




さて、半分終われば的中率を確認して、この後の展開を予想するのもまた、プチ慶次郎チャレンジの楽しみなのですが・・・。




虎治さんが6戦6的中のパーフェクト。すでに過半数的中のボーナスは確定。
参加2戦目の馬頭さんが5的中。昨日も3着ですし、この後の展開次第では大物登場の可能性も。
そして、まだ何も当たっていないゴリラが1頭(僕)




6つのレースの複勝を買って、6つともハズレなら「今日の競馬はもーやめときぃや」と言いたくなるところですが、僕はこのときに期待してしまったのですよ。
全レースの不的中を。



中途半端に当たるよりも、全て外れてしまった方がおいしい。全部外しても僕みたいな100円馬券おじさんは、2,000円負けるかどうかの被害。
2,000円を失うことよりも、全部外れて笑いに変えられるのなら、それこそpricelessやんけ!!!と思いましたね。



この後どうなってしまうのか・・・。
Twitterにある意味ネタバレとなるツイートをしたことを後悔しながら後半戦へ続く。



競馬ランキング


PS
余談ですが、トップの流し満貫画像を撮るのに1時間弱かかりました。案外流し満貫って出せないものなのね。

今度こそ、ほなまた。