夢の第13R ~君とまた競馬がしたい~

Twitterで知り合った、愛すべき競馬バカたちが好き勝手に何かを書いていくブログです。参加者はみんな「読んでくれる方が楽しんでもらえたら嬉しい」その一心でやらせてもらってます。少しでも楽しかったなぁと思ってもらえたら幸いです。 author:和歌36@waka36saburohum、プリン大魔王@purindaimaooo、おみ@omi_keiba7752、まさ@yoshippara3、ともぴと@nikochin1mg

2020年12月3日(木)は、船橋のクイーン賞(JpnⅢ)と笠松の笠松グランプリ(SPⅠ)

ありがたいことになかなか忙しいのです。

f:id:waka36saburoh:20201202152726p:plain

なーんでか、今の時期に問合せがパタパタと。

どうも、ご近所の中学受験塾の評判が芳しくなく、そちらから移りたいといったようではありますが。

そして、その不満点は「保護者対応」。
教える腕はどうなのかは知りませんが、面談を全然してくれない、そして模試の成績が悪いと突然呼び出され「このままでは第一志望の○○中学には行けませんよ!」と言われた、と。

これ、僕は大嫌いなことなのでやりませんけど、儲けをものすごく重視している塾さんでは時期的にも恒例行事の一つでして、「だから冬期講習(高いけど)絶対受けてくださいね!」であったり、「マンツーマンも増やしていきましょう!」といって売上を確保するための常套手段なんですね。

特に塾長さんともなれば来年度の売上が気になり始める時期で、中学受験専門塾さんでいえば、もうすぐ6年生が卒業してしまいその人数分だけの売上がドンと減る。そのとき小4生や小5生など来年に繋がる生徒が多くいれば焦りませんけど、人数が少ない場合は来年度の売上見込みが本年を下回っちゃう。だから、生徒一人あたりの単価を上げて対処しよう!っていうね、姑息な計算がはたらくわけです。

僕なんかは、将来的に人数が集まれば儲けは確保できるけど、少ないときは苦しいのは分かり切ってるというお月謝の設定をしているので、元々他塾さんの半額くらい。成績次第では中1なんて月謝が5,000円くらいになっちゃうこともあるくらい。そして、その癖、冬期講習は中3生には「やらなくてもいいんじゃない?自習に来て質問しっかりしてくれれば、授業を増やさなくても大丈夫やと思うで?」と言って当初は組もうとしてませんでしたし。他塾さんは追加でン万円が当たり前ですけど。

結局、保護者や生徒の要望を聞く形でちょっとだけ冬期講習をすることにしましたが、1人あたり1万円ちょっとだけ頂くことにしました。テキスト代込みで。

いやほんと、うちの中3なんて自分からする習慣つけられたので、あとは質問を待って答えていけばそれでいいと思うんですけどね。保護者からしても生徒からしても、精神安定剤的に冬期講習を求めてきたような感じで。

中学受験を控えた小6の保護者さんとは話をして、基本的には保護者さんの希望の時間と回数を入れた感じ。最初はむしろ多かったので、止めて減らしてもらってそれ。でも、費用対効果を考えればほんとはそんなもんでいいんですけどね。特に大手さんはたくさんの社員にボーナスも払わないといけないしで、必要以上にお金を集めようとしますから、それでどうしてもお高くなっちゃう。

そんなやり方が長く続けられなくなって、今のスタイルが破綻するまで追い込めるくらいまで僕のところが力を持てば、和歌山の教育も変えられるし、そういうところから和歌山が住みよい、子どもの教育に熱心なところという風に変わっていけば、人口減に少しでも歯止めがかけられると思うので、まだまだ頑張っていかねばなりません。

近所に家を買うとしたらとちょっとチラシを見てみれば、自宅から車で3分もいけば、37坪の土地付きで税込1,900万円の屋上庭園付き2階建てが買えるなんて、やっぱりおかしいというか、このままでは和歌山の凋落しかないと思いますからね。

そういう下支えも担っていけるようになればと常々思ってます。

と、僕は思うことは大層ご立派なのですが、今のままでは潰されるのはこちらの方なので、そうならないように健康第一、無理をしないをテーマにやり続けていきます。競馬もねw


船橋11R クイーン賞(JpnⅢ)
④メモリーコウを本命にします。
地方の馬場は歓迎のタイプ。
勝ち切るには何か足りないところを感じますが、前に行く馬を見ながら追い出してジワジワやってこれる脚もスタミナもありますから、馬券内は確保してくれるのかなという見立て。
複勝にします。
2番手⑧アッシェンプッテル。
馬場適性次第でアッサリあっても。
3番手は馬体を戻してこれたときだけ買いたい⑫シネマソングス。


笠松9R 笠松グランプリ(SPⅠ)
笠松の重賞では、オグリキャップ記念に次ぐ高額賞金レース。
過去にはラブバレットの3連覇もありました。
強い馬がそのままやってきそうなので、②アドマイヤムテキを本命に据えたいですが、えらい内に入ってしまったところを岡部がどうするのか。
末脚をタメにタメて弾ける可能性を考えつつも対抗まで。
本命には⑨ナリタミニスター
アドマイヤムテキに勝っているところも評価。
そして、前走より枠が良くなっている分まだレースが組み立てやすいと思います。
色気のある馬は、ナリタミニスターを目標にやってきそうには思いますが、それでも吉村が後続を抑えきる、その可能性に賭けてみたいと思います。
ここは単勝
3番手は⑫サンデンバロン。
漁夫の利で3着はあっても。

ほなまた。
f:id:purindaimaooo:20191118165343j:plain
最強競馬ブログランキング