夢の第13R ~君とまた競馬がしたい~

Twitterで知り合った、愛すべき競馬バカたちが好き勝手に何かを書いていくブログです。参加者はみんな「読んでくれる方が楽しんでもらえたら嬉しい」その一心でやらせてもらってます。少しでも楽しかったなぁと思ってもらえたら幸いです。 author:和歌36@waka36saburohum、プリン大魔王@purindaimaooo、おみ@omi_keiba7752、まさ@yoshippara3、ともぴと@nikochin1mg

無観客競馬でも馬券を買うために

無観客競馬が決定して

とうとう、中央競馬も無観客競馬が決定しましたね。
地方競馬も、2月26日に発表された帯広、大井、笠松、高知、佐賀に続いて、来週からの川崎、園田も無観客競馬が決定。
僕のように紙馬券派にとってはしばらく冬の時代(は、ちょっと言い過ぎだけど)がやってきます。

もちろん一番悲しいのは、どうやっても目の前で馬が走るところが見られないことですけどね。
生で競馬が見られる幸せを噛みしめるばかり。




これから無観客競馬でも馬券を買うには?

これは、ネットで馬券を買うように、どこかしらに登録するしかございません。

中央競馬であれば即PAT。
ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「auじぶん銀行」のいずれかに銀行口座があれば即日馬券が買えるようになります。
もちろん、口座にお金があれば、ですけどね。
www.jra.go.jp


地方競馬なら、中央競馬の即PATを含めて選択肢は4つ。
地方競馬全場全レースが対象となると、即PATを除いた3つ。
SPAT4か、楽天競馬か、オッズパークとなります。

www.keiba.go.jp
それぞれの特徴がありますが、ポイントが最も分かりやすく貯めやすいのは楽天競馬。
南関東のトリプル馬単に参加したいのであればSPAT4
5重賞式馬券や、競輪、オートレースも買いたいならオッズパークですかね。

僕は楽天ポイントを貯めるために楽天競馬を利用していますが、入金がめんどくさいなあと思うときは、メインバンクと紐づけしているSPAT4を利用しています。
オッズパークはID、パスを忘れたし、ジャパンネット銀行に入金するのが面倒なので何年も使ってません・・・。
(いくつものサイトに登録しているのは、昔、それぞれで買える馬券が違ったからなんですよね。今でこそどこでも全場買えますが、スタート時はそうではなかったのです・・・)




中央競馬地方競馬含む)のコンビニプリント

近くのコンビニで中央競馬地方競馬競馬専門紙が販売されていなければ、基本的にはコンビニプリントの利用がベスト。
www.e-printservice.net
www.keibabook.co.jp

中央競馬専門紙でコンビニプリントが可能なのは以下の通り。
f:id:waka36saburoh:20200227161203p:plain
f:id:waka36saburoh:20200227161245p:plain

だいたい買えます。

初めて買うときはちょっと戸惑うかもしれませんし、紙がバラバラになって(新聞のようにつながっていない)出て来るのにも違和感を感じるかもしれませんが、使い始めたら全然大丈夫。
時々、競馬場でもクリップボードに挟んで使ってる方がいらっしゃいますが、コンビニプリント派の方だと思います。




競馬ブック民が中央競馬をするなら競馬ブックweb一択

ただ、競馬ブックを愛用する方なら、コンビニプリントよりも競馬ブックwebの方が、うまく使えば安上がりです。

コンビニプリントだと、競馬専門紙がまんま印刷されて500円。
競馬ブックの一番残念な部分ですが、競馬ブック東西版は東12レース、西12レース、ローカル1レースが掲載されて500円。
そして、ローカル版はローカル12レース、東7レース、西7レースが掲載されて500円。
全レースの馬柱を見ようとすると1,000円かかっちゃいます。
(この点はほんと、早く変わってくれないかと常々願ってます。競馬四季報も全国版一冊になったように)

ところが競馬ブックwebは月額税込み3,300円の有料サービスではあるものの、能力表が中央競馬の全レース、パソコンやタブレットスマホで見るだけではなく、pdfで提供されるので印刷して持ち運んだり、書き込んだりすることが可能なのです。

※能力表とは、競馬ブック紙面の馬柱のみの部分。以下、参考画像。
f:id:waka36saburoh:20200227162856p:plain
↑ この部分ね。

全レースするために競馬ブックを買うと4週間で8,000円かかりますが、それが3,300円で済むとなればだいぶお得かと。印刷にかかる紙代とインク代入れても、コンビニ等で買うより安上がりで済むはずです。
なお、提供時間はだいたい12時30分~13時くらいです。
競馬ブックのホームページには、午前11時くらいとありますが、それはHTML版の馬柱で、いつもの競馬新聞と同様の見た目のpdfが提供されるのはもう少し遅いですからお気を付け下さい。

また、他にご注意頂きたいのは、この馬柱のpdfは競馬ブックwebのみの提供で、競馬ブックsmartやwebライトでは提供されていません。
値段は張りますが、どうせなら競馬ブックwebがベストだと思います。

これなら物流が止まっても、外に行けなくても自宅で印刷が可能ですから。

あと、おまけで地方競馬の南関、門別の調教時計が見られます。
まともな馬柱は掲載していないのでほんとにおまけ程度ですが。


以上より、個人的には競馬ブックweb(馬柱が横罫で大丈夫な方なら)と、インターネットの登録、グリーンチャンネルもしくはグリーンチャンネルwebの登録で、無観客競馬も十分乗り切れると思いますので、アナログ派の方はご参考にどうぞ。
もちろん、コンビニプリントでええわ!という方は500円でそちらの手も十分にありだと思います。提供開始時間はレース前日のおおよそ14時くらいだったかと思います。
あ、競馬エイトその他派の方は、お好きな新聞でどうぞ。
ただし、500円じゃないのもあるようなので(競馬エイトは800円だったような)多めにお金を持って行って下さいね。
あと、白黒かも。試したことないので絶対ではないですけど。

その辺もよくよくチェックした上でご利用下さい。


共に、コロナに負けずに無観客競馬を乗り越えていきましょうね!


ほなまた。

f:id:purindaimaooo:20191118165343j:plain
最強競馬ブログランキング