夢の第13R ~君とまた競馬がしたい~

Twitterで知り合った、愛すべき競馬バカたちが好き勝手に何かを書いていくブログです。参加者はみんな「読んでくれる方が楽しんでもらえたら嬉しい」その一心でやらせてもらってます。少しでも楽しかったなぁと思ってもらえたら幸いです。 author:和歌36@waka36saburohum、プリン大魔王@purindaimaooo、おみ@omi_keiba7752、まさ@yoshippara3、ともぴと@nikochin1mg

真「風は時にアゲインスト」17

こんばんは…。おみです…。



京都牝馬ステークスの本命サウンドキアラは見事に重賞2連勝となりました。
当日のレースを見て、芝は思ったより先行馬が残っていたので、アマルフィコーストを追加で購入しましたが、痛恨のハナ差それ4。プールヴィルは馬体重大幅プラスで切って、メイショウグロッケはアマルフィコーストとのオッズ比較で切り、結果的にはアマルフィコーストの方が脚色は良かったものの、僅かな位置どりの差で及ばず。プールヴィルもしっかりと2着をキープして馬券は不的中でした。
芝は重馬場、多頭数で直線で広がることを考えればアマルフィコーストよりメイショウグロッケを抑えるべきか、もしくは2頭とも抑えるべきでした。私、非常に悔しいです。
豆馬券になってから、予想も適当になっていたんですけど、今週はいつも以上に丁寧に予想した結果がこれだったので、なんとも歯痒い気持ちでした。

ダイヤモンドステークスの本命オセアグレイトは3着でしたが、これは予想的にはまったくダメ。ここまで上がりのかかる競馬になるとは思っていませんでしたし、そもそもミライヘノツバサは買えません。レノヴァールを強めに推せたことはよかったかなーと思いきや、結果的に4番人気。単勝15倍前後と予想していて、妙味ありの穴馬として扱っていましたが、これも全然。当初予定していたワイドはオッズ的に納得できず、逃げの3連複。どちらにせよハズレましたが、むしろハズレてホッとしちゃうダメっぷり精神。





………



……………






これじゃあダメだ!




なので、さらに予想して、昨日の予想を変えます!(いないと思いますが、参考にして下さった方には申し訳ございません。)



モズアスコットはまともな競馬ができれば勝ち負けでしょう。まともな競馬ができれば、です。
ヴェンジェンスは前に行ったとしても、良馬場なら勝ちまではなさそう。
アルクトスもどうしても勝ちのイメージまでは湧きません。
インティは少しずつ弱点が見えてきているので、流石に去年のようには行かず、2連覇はないでしょうけど、これも切れない。
サンライズノヴァは、高速ダートでこそキレ味が光る馬です。



そもそもフェブラリーステークスは固いレースです。が!毎年のように大穴クラスの馬が掲示板に食い込んで来ます。
しかも今年は、メンバーレベルがやや疑問です。クリソベリルがいません。チュウワウィザードもいません。オメガパフュームもいません。エアアルマスもいません。ゴールドドリームもいません。
上位人気馬の信頼度も、例年に比べて劣る印象です。




………これは穴馬が馬券内に来るんじゃあないか?



そこで、当初強めに狙う予定だったのがワンダーリーデルなんですが、まぁまぁ人気してる上に、どうしても展開的には有利とは言えそうもないです。上がり性能を考えたら、やっぱりモズアスコットやサンライズノヴァには叶わないかな、というところで切ります。



じゃあ何を狙うのか…?



今日の東京ダート1600はいずれも前残りでした。
そして東京ダート1600は芝スタートで、外枠は長く芝を走れるので必然的に有利になります。
そんな外枠の大穴先行馬から勝負したいと思います。



やってやれ!勇者ヨシヒコ(ト)



フェブラリーステークス(A)

ケイティブレイブ(勇者ヨシヒト)
アルクトス
△インティ
ヴェンジェンス
サンライズノヴァ
△モズアスコット








一方の小倉芝(特に4、5レース)ですが、こちらも今日は前残り傾向が目立ちました。やはり後ろからは厳しそう。
外に逃げ馬や先行馬も目立ちますし、当初狙う予定だったナイトオブナイツ、アンノートル、レイホーロマンス辺りはやや展開的に厳しそうなので切り。同じくアウトライアーズ、ドゥオーモも切り。
上がり最速を計測しそうなカデナですが、他のレースに比べ、上がり最速馬の成績が良いとは言えないレースなので、仕方なく切り。
上記後方脚質の馬たちは、バテ差しで掲示板までは十分ありそうですが、馬券候補からはスパッと見切ります。来たら諦めます。
逆にいい感じで前目のポケットを拾えそうなアロハリリー、テリトーリアル、エメラルファイト辺りは買い。しかしアロハリリーの54キロは流石に見込まれ過ぎ。ここは最低限の抑えまで。
それより前に行きそうなサイモンラムセス、ランスオブプラーナは、共に楽逃げで残るタイプでしょう。流石に今回その展開を望むのは無理があるかと思いますので切ります。
タニノフランケルは去年の同レース以来連続馬券外中。去年も単騎逃げの2番手で展開利があっての2着。今年それがあるならジナンボーの方かなと思います。実績面からもタニノフランケルは切って、ジナンボーは買います。
そんな中、果たしてヴェロックスはどんな競馬をするのか。一抹の不安はありますが、今回の距離短縮はプラスに働くのではないかなと思っております。そしてこの馬、跳びは大きい割りに、コーナーリングが上手に思います。まず馬券内は外さないでしょう。そして割と頭の馬券が売れすぎてはいない印象を受けますので、本線は3連単として、抑えに3連複を買っておきます。最後に万が一ヴェロックスが飛んだ時用の馬連BOXを抑えて終了です。



小倉大賞典(A)

◎ヴェロックス
△テリトーリアル
△エメラルファイト
△ジナンボー
☆アロハリリー






いや〜、ひっさびさにめっちゃ真剣に展開予想したら疲れました!どうせ明日当たると思うんで、今日は前祝いにビールでも飲んでおきます!(なめてる。)



じゃ、股ね〜👋


f:id:purindaimaooo:20190727163358j:plain
最強競馬ブログランキング